『明けない夜はない』 ~ブログより~


いつまで続くんだろう。




ひとたび悪いことが起きると


なぜか、悪いことは続くもの。



気持ちがどんどん暗くなる。。



いくら もがいても


いくら 手を伸ばしても


この心に光が差し込むことがあるんだろうか


そう思ったりする。



でも、そんな時


昔のある経験を思い出してみる。




僕は、もともと


たったひとりで


暗闇の中にいた。


光があることすら、知らなかった。



ある日、突然、目の前が明るくなり


光の中に身をさらされた。


光がある世界があったんだ!


そして僕はひとりじゃなかった。


笑顔で僕を迎えてくれる人がいた。



そう、、生まれた時の記憶。



それからは光の中で


大事に抱きかかえられて


過ごしていたから


それに慣れた僕は


また暗闇に戻ったり


またひとりになることに


すごく臆病になってしまった。



でも、信じられるようになったよ。


必ず、誰かがいてくれる。


そして、明けない夜はない。



ずっと暗闇にいた僕を


この世に導いてくれたあの日のように。




←  戻る       次へ  →
Powered by Flips